独立したエンジニアのやり甲斐とは

個人事業主として働くエンジニアのやり甲斐は、自らのスキル向上により多くの仕事を得られることにある。常に自己投資をすることで、クライアントの要望に応えることができれば、単価の高い仕事も舞い込むというわけだ。そもそもクライアントである企業は、自社のエンジニアを育てる人件費を抑えるために、フリーで活動する個人事業主に仕事を頼むのである。それが恒常的に発生する仕事ならば、専任のスタッフを育てることでリターンを得るわけだが、単発で必要となる仕事ならばスタッフの維持費がかかることになるわけだ。

そのようなニッチな仕事は単価も高いものであるし、さらにスキルを高めればさほど時間をかけずにこなせるようになる。つまり割の良い仕事というわけだ。このような仕事をこなせるようになることが、個人事業主として働く醍醐味でありやり甲斐というわけだ。きちんと自己投資のための予算と時間を確保することで、その何倍ものリターンを得られる効率の良い投資と考えられる。

また自分のキャリアを自分の思うように積み上げていけるのも、やり甲斐となるものだ。会社勤めでは自由にスキル磨きもできなければ、それを活かせる仕事を割り当てられるとは限らないものだ。けれども自分で計画を立てて自己投資を行い、他の同業者にはできない仕事をこなせるようになることは大きな満足感につながる。もちろん業界内のトレンドに常に注意して、どのような技術が求められるのかを的確に把握することが重要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です