個人事業主のエンジニアには自己啓発が必要

正社員や派遣社員として企業に勤務するエンジニアは、雇用が安定する一方で高収入を得ることは難しい。プログラミングの能力が高く、迅速に仕事をこなせるのであれば、独立して個人事業主になることで収入を全て自分のものにできる。実績と人脈があれば仕事を受注しやすいのは当然だが、現在はクラウドソーシングと呼ばれるインターネット上で仕事を仲介するサービスがあるため、受注のハードルはさらに下がったと言える。ただし、エンジニアとしての評価が高まれば、仕事が忙しくなって精神的な負担も大きくなる。会社勤めならば勤務時間が定められているが、個人事業主は自分でスケジュールを立てなければならないため、平日も休日も時間にかかわらず働かなければならない。

怠けてしまい、するべき仕事を後回しにしてしまうこともあり得る。会社が行ってくれていた社会保険や納税の手続きも、全て自分自身で行わなければならない。場合によっては外部のエンジニアと連携する必要もあるため、コミュニケーション能力も必要だ。多忙による精神的な負担は非常に大きなものとなるので、自己啓発によって和らげる必要がある。自己啓発とは、人生の目的を明確にすることと、その目的を実現するためにはどうすれば良いかを説くものだ。不安感から解放されるための方法や、他者とどのように向きあえば良いかも解説されている。自己啓発についてのセミナーも開催されているが、参加する時間がなければ市販の書籍から学ぶことができる。自らの価値を高めるための自己投資も惜しむべきではない。
精神を穏やかな状態に保つ能力に加え、市場価値を高める自己投資術も心得ておくことが独立して活躍するために重要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です