フリーのエンジニアに求められている資質

フリーのエンジニアは正社員に比べると、自由に仕事を選んで生活していくことができる。いわゆる個人事業主という扱いになって、税金の処理から営業まで自分一人で行わなければならないが、企業所属ではない気楽さから人気が高い。では、よりフリーのエンジニアとして重宝される人材のタイプはどうなっているのだろうか。実は、この点は正社員エンジニアともさほど違いがないのである。たとえば、自己啓発が進んでいて意識を高く持っている人材は、たとえフリーであっても重宝される傾向にあるのだ。フリーの世界でも、求められる人材像は正社員のものと大差ない。意識が低い人や、将来的なビジョンが薄い人には、いい仕事ができないのはどこの世界でも同じだからだ。仕事のスタイルいかんに関わらず、人から必要とされる人材になれるよう努力をし続ける必要があるだろう。

自己啓発もいいが、各種セミナーに参加をして、常に新しい知識や技術を追いかけていく姿勢も重要である。特にIT業界は技術革新のスピードが早いので、気を抜くと置いて行かれる可能性があるのだ。フリーの技術者は、技術革新に付いて行くことができなければ、最悪の場合には廃業をしてアルバイト生活を余儀なくされる。会社員のように手厚い保証があるわけではない点に注意である。自分の生活を守るためにも、日々努力をし続け、第一線に留まり続けることが大切なわけである。案外これができている人材は少ないので、やりさえすれば高給も夢ではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です